スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- (--) | スポンサー広告 | 今日の動物は? | edit
サツキの子育て
クリックで拡大satukib06_02.jpgsatukib06_03.jpgsatukib06_04.jpgsatukib06_05.jpgsatukib06_06.jpgsatukib06_07.jpgsatukib06_08.jpgsatukib06_09.jpgsatukib06_10.jpg■ 前編:10枚
チャ(♂:1985/12/24生まれ)とサツキ(♀:1998/11/29生まれ)の第二子(♀)が2009/06/07に生まれました。
(チャってけっこう歳だったんですね… 後で知ってビックリ)

初めてこの赤ちゃんを見たのは生後二週間の時。
この時は危なっかしいながらも自分のそばから赤ちゃんを離さず育児しているサツキがいました。


クリックで拡大satukib08_02.jpgsatukib08_03.jpgsatukib08_04.jpgsatukib08_05.jpgsatukib08_06.jpgsatukib08_07.jpgsatukib08_08.jpgsatukib08_09.jpgsatukib08_10.jpgsatukib08_11.jpgsatukib08_12.jpgsatukib08_13.jpgsatukib08_14.jpgsatukib08_15.jpgsatukib08_16.jpgsatukib08_17.jpgsatukib08_18.jpgsatukib08_19.jpgsatukib08_20.jpgsatukib08_21.jpgsatukib08_22.jpgsatukib08_23.jpgsatukib08_24.jpgsatukib08_25.jpgsatukib08_26.jpgsatukib08_27.jpgsatukib08_28.jpgsatukib08_29.jpgsatukib08_30.jpgsatukib08_31.jpgsatukib08_32.jpgsatukib08_33.jpgsatukib08_34.jpgsatukib08_35.jpgsatukib08_36.jpg■ 後編:36枚
その後、噂でサツキが赤ちゃんを放置したり扱いがとても乱暴だと耳にする。
私が再び訪れたのは生後7週間を過ぎた頃。

確かに床に赤ちゃんを置き去りにしたり、胸にしがみつこうとする赤ちゃんを引きはがすし、触ろうとする赤ちゃんの手を足で踏みつけたり押さえたり…
連れて行く時も足でぶら下げて腕渡りするから見ている人からは「止めて~~っ!」「もっと優しく扱って」と悲鳴が上がる始末。

前は多少がさつではあったけで自分の傍らから赤ちゃんを離す事のなかったサツキなのにどうしたのでしょう?
私が見ていた限りでは、握力が強くなった赤ちゃんに体を握られるのがどうにも嫌なようなのです。
その度に手を引き剥がそうとしたり、触ろうとする赤ちゃんの手を足で押さえ付けたりしていたサツキです。

お腹が空いた赤ちゃんが必死に追いすがり、小さな声で精一杯「ホゥ、ホゥ」と鳴く姿は見ていて切なかったです。

そんなサツキが急に赤ちゃんを拾い上げ、檻にしがみつきました。
サツキの見つめるその先には…
そう、飼育係さん。

飼育係さんや獣医さんに躰を触ってもらうのは大好きなサツキ。
撫でてもらっている時には赤ちゃんがしがみついていても我慢できるようです。
この隙におっぱいを飲む赤ちゃん。

こうして介添え保育のような形で育てられている赤ちゃんです。
また、人工哺育になるよりも多少乱暴で心配も絶えないけれど、母親のサツキが育てるのが良いんですよね。
ハラハラしながらも見守って行きましょう。

今はまだ温かいから良いけれど、寒くなってきた時がまた心配ではありますが…

ちなみにこの赤ちゃんの姉:オカユはサツキと試しに三回ほど同居したそうです。
三回とも何の問題もなかったとか。
現在はサツキと赤ちゃんとチャが一緒の檻にいて、その隣の檻にオカユがいます。

父親のチャがオカユが近づくと威嚇するんですよ。
それがなければ親姉妹で同居できるのにね。
2009/09/07 (月) | 霊長目 | 今日の動物は? | edit
Tag:シロテテナガザル
copyright © 2006-2017 Junk Photo allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。