スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- (--) | スポンサー広告 | 今日の動物は? | edit
冷や冷やしました
クリックで拡大kamineotter02.jpg
kamineotter03.jpgkamineotter04.jpg■ 全4枚

前々回、訪園した時の事です。
赤ちゃんはまだ産まれて日も経っていなく、目も開いていない状態でした。

赤ちゃんを日光浴に時々連れだしてくるコウメ・ママなのですが、この時はナーバスになっていたのかハイテンションだったのか赤ちゃんを咥えて振り回し。
そして事もあろうか水の張ってない堀の際近くの縁に置き去り。
コンクリート面までの高さは50cmぐらいでしょうか、落ちはしないかと見ていてハラハラ。
間もなく、コウメが赤ちゃんを咥えて小屋に入ったのでホッと胸をなで下ろしました。

また、赤ちゃんを咥えて出てきた時の事。
小屋の壁際で赤ちゃんを咥えて仁王立ちするコウメ。
立ったまま咥え直そうとしたのか、赤ちゃんが落下(>_<)

幸いにも下にはタオルが敷かれていました。
ショックも少なかったのでしょう。
コウメが赤ちゃんをグルーミングしたり面倒をみた後、また咥えて小屋に入りました。

その後は落ち着いて眠ったり、赤ちゃんにおっぱいを与えたりしていましたし、赤ちゃんも三頭とも異変は見ていた限りではありませんでした。

それでも、その後どうなるのか気になっていたのです。
再訪園しスクスクと元気に育った赤ちゃんと落ち着いているコウメを見て安堵した私です。

ちなみに、この日は大吉パパが吐いたりもしていて、こちらの様子も気掛かりでした。
みんな元気でなによりです。
スポンサーサイト
2009/08/31 (月) | 食肉目 | 今日の動物は? | edit
Tag:コツメカワウソ
上野のエリマキ
クリックで拡大ueeri02.jpgueeri03.jpgueeri04.jpgueeri05.jpg
ueeri06.jpgueeri07.jpgueeri08.jpgueeri09.jpgueeri10.jpgueeri11.jpgueeri12.jpgueeri13.jpgueeri14.jpgueeri15.jpgueeri16.jpg■ 全16枚
シロ(♀)が隔離されてからの上野Zooのエリマキキツネザル舎。
リオ(♀)が権勢を振るいます。
イブ(♀)を追い回す事などはないのですが、とにかくマロ(♂)に目を付けて追いかけ回し。

マロの事が嫌いで気にくわないのではなく、むしろその逆のようなのですが唸り声をあげ走って飛び付いてきたり、毛やシッポを引っ張ったり、頭を叩いたりと愛情表現が暴力的なのです(--;)
そりゃマロも逃げるわ!!

最新の【レムールの森 新着情報】には「オスのマロは、リオに追い掛けられていましたが、だいぶ近づいても平気になってきました」と書かれていましたが、リオの追跡は執拗さを増したようにも見えます。
この日もギャラリーから『あら、あら、可哀相に』とマロは同情されていましたし、今までは室内にまでは追い掛けて来なかったのですが部屋にまで追い掛けられるようになっていました。

マロはむやみに逃げている訳ではなく、リオが(比較的)静かに近づいた時や飼育係さんがいる時にはあまり逃げないのです。
リオはあまり人慣れしていないのか飼育係さんがいると動きを止め、飼育係さんの様子を伺います。
そう、マロは近くにリオがいても自分が安全な事が判っているのでしょう。

リオがこちらの近くに来た時に『リオ』と声を掛け、手を出すマネをするとビビって固まるリオ。
好奇心はあるけれど人は苦手なようね。
だから、マロが追いかけ回されると『マロ、こっちへおいで。 守ってあげるから』と言ってしまうのです (^0^;;

飼育係さんのいない時にマロを追いつめたリオ。
マロの頭を三発ほど殴り、デュエットを強要します。
それに応えるように鳴き出すマロ。
一通りデュエットが終わると満足したのかしばらくの間はマロを追いかけ回すのを止めるリオ。
マロの束の間の休息です。

マロがエサを食べていると追いかけ回される事が多く、特に美味しいフルーツなどを食べるのには苦労しているみたい。
マロはマロであまりリオに追い掛けまくられると古参のイブに抗議鳴きしたり、イブの頭をはたいたり憂さ晴らしもしています。

今までは隔離されている部屋からシロの鳴き声が聞こえ、それに応えるようにマロが歌い出したのですがこの日はシロの声を聞く事はありませんでした。 (三~四回足を運んだのですが…)
リオとマロのデュエットがショックだったのでしょうか、シロが哀れにさえ思えます。

個人的には(超・超個人的な意見ですが)
他のエリマキに対しては攻撃性が高く一緒に飼育できないシロ。
ただし、マロとの仲はすこぶる良好でマロへの近づき方も優しく、マロもシロに脅えたり逃げ回る事などなく、互いに毛繕いしあったり抱き合ったりしていました。

出来る事なら広いエリマキキツネザル舎なのですからネットなどで2つに区切り、シロとマロのペアとイブとリオの二組に分けて飼育してもらえたらと思うのです。

まだまだ、目を離せない上野のエリマキキツネザル達ですがマロが相変わらず人懐こく、明るい性格を損なっていない事だけが救いでした。
でも、ハゲる程ではないけれどリオに毛をむしられて少し毛並みがボサって来たのが何とも… (-_-;)

2009/08/17 (月) | 霊長目 | 今日の動物は? | edit
Tag:エリマキキツネザル
エリマキキツネザルの雌雄判別
クリックで拡大ruffed_lemur04.jpgruffed_lemur03.jpgruffed_lemur02.jpg■ 全4枚

ワオキツネザルやエリマキキツネザルは性別による体格差や外見上の違いがないので、見分けるのはやっぱり生殖器を見ないと判らないよね。
ワオの場合は雄性生殖器が黒く目立つので後ろ姿でも大人の♂は判りやすいけど、エリマキって白い毛に被われているからパッと見じゃ判りづらいのだ。

もっと早くマロが股間を広げて見せてくれていれば、シロと取り違えられているのかどうか悩まずに済んだのにな。
判ってから見せてくれるんだものぉ~っ (^-^;;

マロと双子のハクはマロに比べて毛も薄くちょっと目立つね。
成熟度が違うのかしら?

シロは♀なので股間に白い毛がないので区別が付くよ。

続きを読む...
2009/08/01 (土) | 霊長目 | 今日の動物は? | edit
Tag:エリマキキツネザル
copyright © 2006-2009 Junk Photo allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。