スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- (--) | スポンサー広告 | 今日の動物は? | edit
♀だったよね…!?
クリックで拡大hyena02.jpg■ 全2枚
お顔も黒っぽいしキュートなお目々をしてるし、このコは♀のシマコちゃんのハズ…
でも、股間に♂の生殖器にそっくりのものが(!_!)

ブチハイエナの場合には♀も♂と同じような外性器を持つため、外観からの雌雄の判別が困難だと言われてるけど、シマハイエナについて書かれているものがないのだ。
でも、こんなの見つけたよ。 ⇒ 安佐動物公園の研究発表 : 2例のシマハイエナの染色体による性別判定
これってやっぱりシマハイエナも外観からは雌雄の判別が困難って事なのかしら?

どなたか詳しい方、教えて下さぁ~~いっm(..)m

投稿日:2008/12/19
スポンサーサイト

続きを読む...
2010/08/27 (金) | 食肉目 | 今日の動物は? | edit
Tag:シマハイエナ
慣れたかな?
クリックで拡大mucchan02.jpgmucchan03.jpgmucchan04.jpgmucchan05.jpgmucchan06.jpgmucchan07.jpgmucchan08.jpgmucchan09.jpgmucchan10.jpgmucchan11.jpgmucchan12.jpg■ 全12枚
まだまだ慣れたとは言い難いムツキくんですが、少~しずつ少ぉ~~しずつ慣れて来ましたよ。
お昼の時間までは室内の扉が閉じられているので、仕方なく小屋の中で眠ってます。
でも、実際には眠っていない事も多くて、人から見られるのがまだ好きじゃないのでタヌキ寝入りしてるんですよ(笑)
その様がなかなかカワイイ♪
「ムっちゃん」って呼んだり、キャンディちゃんの鳴き真似で「ぴゃ~っ、ぴゃ~っ」と鳴くと目を開けてこっちをチラ見するんです。
(熟睡時はピクリともせず)

担当さんがお部屋の扉を開け、「ムっちゃん、お部屋開けたよ」と呼びかけますが、スグには中に入りません。
担当さんが外に出てきてしばらくするとそろりそろりと小屋から出て、入るとなったら速いです。
たいていは麻袋に直行して潜り込んじゃいます。
それでも最近はスグに麻袋からお顔だけは出してくれるようになりました。

エサも室内とは言え人前で食べるようにもなりました。
水を張ったボウルにお魚が入っていて、それを掬い取って食べてます。
美味ぁ~な顔はみんな一緒ですね(^^)
食べ終わるとまた麻袋に入って今度は熟睡です(-.-)Zzzzz・・・・

まだ、プールで泳ぐどころかお水に顔をつける、あるいは顔を洗う姿を見たことがありません。
ムツキくんの為に新しく作ったお披露目台にも昇るどころか、まだ近づいてもいないんです。

焦りは禁物ですが泳いでいるところや遊んでいるところなどを早く見てみたいものですね。

2009/09/16 (水) | 食肉目 | 今日の動物は? | edit
Tag:コツメカワウソ
冷や冷やしました
クリックで拡大kamineotter02.jpg
kamineotter03.jpgkamineotter04.jpg■ 全4枚

前々回、訪園した時の事です。
赤ちゃんはまだ産まれて日も経っていなく、目も開いていない状態でした。

赤ちゃんを日光浴に時々連れだしてくるコウメ・ママなのですが、この時はナーバスになっていたのかハイテンションだったのか赤ちゃんを咥えて振り回し。
そして事もあろうか水の張ってない堀の際近くの縁に置き去り。
コンクリート面までの高さは50cmぐらいでしょうか、落ちはしないかと見ていてハラハラ。
間もなく、コウメが赤ちゃんを咥えて小屋に入ったのでホッと胸をなで下ろしました。

また、赤ちゃんを咥えて出てきた時の事。
小屋の壁際で赤ちゃんを咥えて仁王立ちするコウメ。
立ったまま咥え直そうとしたのか、赤ちゃんが落下(>_<)

幸いにも下にはタオルが敷かれていました。
ショックも少なかったのでしょう。
コウメが赤ちゃんをグルーミングしたり面倒をみた後、また咥えて小屋に入りました。

その後は落ち着いて眠ったり、赤ちゃんにおっぱいを与えたりしていましたし、赤ちゃんも三頭とも異変は見ていた限りではありませんでした。

それでも、その後どうなるのか気になっていたのです。
再訪園しスクスクと元気に育った赤ちゃんと落ち着いているコウメを見て安堵した私です。

ちなみに、この日は大吉パパが吐いたりもしていて、こちらの様子も気掛かりでした。
みんな元気でなによりです。
2009/08/31 (月) | 食肉目 | 今日の動物は? | edit
Tag:コツメカワウソ
フェネっ仔大放出!
クリックで拡大sunfen02.jpgsunfen03.jpgsunfen04.jpgsunfen05.jpgsunfen06.jpgsunfen07.jpgsunfen08.jpgsunfen09.jpgsunfen10.jpgsunfen11.jpgsunfen12.jpgsunfen13.jpgsunfen14.jpgsunfen15.jpgsunfen16.jpgsunfen17.jpgsunfen18.jpgsunfen19.jpgsunfen20.jpgsunfen21.jpgsunfen22.jpgsunfen23.jpgsunfen24.jpgsunfen25.jpgsunfen26.jpgsunfen27.jpgsunfen28.jpgsunfen29.jpgsunfen30.jpgsunfen31.jpgsunfen32.jpgsunfen33.jpgsunfen34.jpgsunfen35.jpgsunfen36.jpgsunfen37.jpgsunfen38.jpgsunfen39.jpgsunfen40.jpgsunfen41.jpgsunfen42.jpgsunfen43.jpgsunfen44.jpgsunfen45.jpgsunfen46.jpgsunfen47.jpgsunfen48.jpgsunfen49.jpgsunfen50.jpg■ 全50枚

※ 今回、画像の並び順は時系列ではなく文章に合わせてランダムです。

サンシャイン国際水族館のフェネックの赤ちゃん、期間限定公開だし赤ちゃん赤ちゃんしているのも今のうちだけと、お魚もアシカショーも見ずにこの仔達の為だけに行って来ました。
1,800円はお財布に優しくないけど、それでもこの可愛さを満喫できるのならば…

フェネっ仔の展示は屋外にあるショーケースの中。
見る方は日差しを遮るものもなく炎天下なので、熱中症にご用心!

ショーケースの中に小屋があり、その中で三つ子がスヤスヤ眠っていました。
赤ちゃんなのでほとんどの時間を寝て過ごしています。
でも、寝顔さえも愛らしい。

ショーケース自体は大人が横に6~8人ぐらい並べる広さ。
ただ、小屋の間口が狭いので小屋の真ん前に大人が一人でもピタリと張り付いてしまうと、後の人は小屋の中が非常に見難くなってしまいます。
周りに他の人がいない時はりおさんと交代しながら張り付きっ。
普通ならレンズをピッタリくっつけて撮れば映り込みは避けられるのですが…
このショーケースは二重ガラスなんです。
その上に小屋の奥にアクリルの仕切が置いてあるので映り込みが大小に二重(合わせて四重)になってしまいます⇒画像の5枚目と6枚目参照
(二重ガラスの映り込みは一眼レフに明るいレンズよりも携帯やコンデジで張り付いて撮った方が影響が少なくて良いかもしれません。 収差にもあまり影響されないしね。)

一眼+明るいレンズの場合、ガラスに張り付いても映り込みを完全に避ける事は出来ません。
(映り込み除けに黒い布も持って行ってますが、それでも映り込みを避けきれなかった)
可愛いフェネっ仔もエクトプラズム出放題、幽霊のようなお顔もチラホラ写っちゃいます(^0^;;

さて、人が周りにいない時は張り付いて少しでも映り込みを避けている私達ですが、人が来ると左右にまるで十戒のように分かれて立つせいか、後から来た人もガラスの前には張り付かず遠巻きにして眺めているのですよ。
(稀に何も気にせずど真ん中に張り付いて写メ撮りまくる人もいるにはいましたが ^^;)

ほぼ一日フェネっ仔目当てでいましたが混雑時はど真ん中や真ん前は避けるようにして、最前列の場合は一番端っこ、真ん中の場合は後列で撮影しました。
お天気が良くてピーカンだと映り込みはますます酷くなるのですが、ギャラリーがびっしりと取り囲むと立ち位置によってはそれを利用して映り込みを消す事も可能ですよ。
ただ、その時に上手い具合にフェネっ仔がその位置にいてくれるかは運次第。
斜めからだと映り込みは更に凄まじく~~っ(/_;)

とにかく映り込みとの闘いでしたがフェネっ仔がメチャ可愛かったので、そんな画像達も捨てずにほとんど残しちゃってます。
フェネっ仔にまみれて幸せ~~っ(〃∇〃)

ちなみにメインブログに掲載しているフェネっ仔はトリミングしまくりですよ~~っ!
映り込みを完全に避ける事なんて出来ないも~ん (^-^A
2009/06/27 (土) | 食肉目 | 今日の動物は? | edit
Tag:フェネック
クリックで拡大maymama02.jpgmaymama03.jpgmaymama04.jpgmaymama05.jpgmaymama06.jpg■ 全6枚
メイくんを保護された方と何度かメールのやり取りをするご縁があり、保護当時のお写真を提供して頂きましたのでこちらで紹介させて頂きます。
このブログでは保護された方(ご夫妻ですが)を仮にメイくんママと呼ぶ事に致します。

2007年5月。
親とはぐれ衰弱し、まだ目も開いていないテンの赤ちゃんを見つけ、そのまま放置しておいたら死んでしまうと家に連れ帰ったメイくんママ。
この時にはメイくんがどんな動物であるか判っていなかったようです。

ネットで調べたり動物病院に行ったりして、ホンドテンである事が判明。
そして楽しくも大変な日々のお話も伺いました。
部屋で遊ばせれば大喜びで部屋の中を跳び回り、人の頭に駆け上がり、テーブルの上の革製の財布をかじり、ごみ箱の中身を引っ張り出したり…
メイくんが喜んで飛びついてくれば、鋭い爪に腕は傷だらけ。
甘がみも鋭い歯なのであちこちボロボロにされたり、傷だらけになりながらも目を細めていた事でしょう。

続きを読む...
2009/04/08 (水) | 食肉目 | 今日の動物は? | edit
Tag:ホンドテン
copyright © 2006-2017 Junk Photo allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。